妊娠中サプリのおすすめはやっぱり葉酸サプリメント

現在、市場に出回っているサプリメントの多くは、ある一種類の栄養素に特化したサプリメント。

 

または沢山の栄養分がバランスよく含まれているマルチビタミンというサプリメントがあります。

 

ある特定の栄養素を多く含むサプリメントは目的に応じて使い分けする事となります。

 

対して、マルチビタミンは、1日に必要なビタミンをサプリメントで充足しているようなもので、忙しくて健康管理ができないという人にはお勧めのサプリメントとなっています。

 

ところが、これらの栄養素は植物や動物のエキスから抽出したものもありますが、大半が化学的に作られたものと言われています。

 

そのため、過剰摂取は良くありません。定量をきちんと順守し、飲用していく必要があります。

 

意外にもサプリメント内の栄養量が多く、過剰摂取になりかねないからです。

 

ところで、最近注目されているサプリメントの1つとして、葉酸サプリというのがあります。

 

葉酸というのは、植物に多く含まれている成分であり、一般的には妊活中に多く摂るべきサプリメントと言われています。

 

現在少子化が進んでいるという事もあり、国を上げて婚活イベントや妊活のサポートに協力している状況です。

 

葉酸は、厚生労働省でも、妊娠中はこのくらいの量は摂って下さいといった推奨量が指定されている程で、かなり胎児の成長に重要な栄養素となります。

 

この葉酸をふんだんに使用したサプリメントが葉酸サプリであり、現在妊活中、妊娠中の女性の多くが、飲用をしているようです。

 

葉酸を積極的に摂る事で、妊娠中の胎児の先天異常が防げるといわれています。

 

そのため、葉酸サプリはやや値段が高い傾向にあります。

 

また、別名妊活サプリとも言われており、葉酸サプリの中には妊娠中に多く摂取が必要な鉄分やカルシウムといったミネラルも豊富に含んでいるのです。

 

葉酸サプリとはいっても、この製品だけで沢山の種類が市場に出ておりますので、自分のお財布や好みと相談して、選んでいくようにしましょう。

葉酸とはどういう成分なのか

葉酸は、水溶性ビタミンの一種で、肌の組織や粘膜を強化する為に必要な栄養素となっています。

 

これが不足すると悪性貧血や傷や炎症が出来てもなかなか治らない体質となってしまいます。

 

また、妊娠前や妊娠中の葉酸不足は胎児に先天性異常をきたす可能性が高いといわれています。

 

受精卵が胎児になるまで、幾度の細胞分裂を繰り返すわけですが、この細胞分裂を行う際に葉酸が必要不可欠となるのです。

 

国が妊娠中の推奨量を提示しているくらいですから、かなり重要な栄養素になります。

 

ところが、この葉酸は、ビタミンCと同様に体内で生成させる事が出来ません。

 

葉酸は主に植物に多く含まれております。そのためか、人間の体内では作る事が出来ないです。

 

ビタミンC、葉酸共々、肌の組織を形成させる為に必要な成分でありますが、この葉酸は現在の食生活においては、不足しやすい栄養素と言われています。

 

理由は葉酸やビタミンCは水溶性ビタミンであり、水に溶けやすい性質を持っています。

 

野菜を摂る事は良いのですが、煮物にする時に栄養分が出し汁の中に出てしまいますので、出し汁ごと体内に取り入れないと、ほとんど摂りこまれないという事になるのです。

 

そのせいか、体内に効率良く取り込む為に、葉酸のサプリメントが、現在多く市場に出回っているという訳です。

 

果物にも葉酸は多く含まれていますので、妊活中や妊娠中は果物を積極的に摂るというのもいいでしょう。

 

ただ、糖質も多く含まれている為、柑橘系等の果物から摂る方が無難です。

 

葉酸を摂取すると体にどう良いのか

葉酸は肌の組織の強化、粘膜組織の強化、そして細胞分裂をする際に必要な栄養素となります。

 

積極的に摂る事で、肌にハリとつやが出やすくなります。

 

そのため、アンチエイジングにも良いといわれているのです。

 

加齢と共に、人間の体のあらゆる組織内に含まれる水分量が少なくなります。

 

すると、細胞1つ1つ乾燥した状態になります。

 

水分によって結合されていた組織同士の繋がりももろくなり、肌のハリを維持する事が出来ません。

 

そこで、葉酸を多く取り入れることで老化を少しでも遅くさせる事ができるといわれています。

 

現在においては特に、葉酸は妊活サプリとも言われておりますが、これは受精卵が胎児へと成長する際に行われる細胞分裂が正常に行われる為に必要とされており、妊娠前から摂取しておくといいようです。

 

というのは、妊娠というのは生理が止まってから気づきます。

 

その時点で既に妊娠中とは受精から1〜2カ月程、経過するわけです。

 

生理が止まり、1〜2週間ほどでつわりが始まる方もおります。

 

この時点で2カ月目に入るわけであり、細胞分裂を何度も繰り返されている状態で、胎児の状態になっているわけです。

 

脳の組織や脊髄がこの時形成されますので、妊活中や妊娠中に葉酸をしっかり摂取する事で、先天性異常のリスクが下がります。

 

よって、受精する前、つまり妊活を決意した時から葉酸を取る必要が出てくるという事になります。

 

また、生活習慣病やがんの予防にも効果があるとも言われ、妊娠中でなくとも積極的に摂っていきたいものです。

 

葉酸が欠乏するとどうなるのか

妊娠中だけでなく葉酸の摂取量が低下すると、欠乏症というものが体に発生します。

 

葉酸の欠乏症ですが、粘膜が弱ってきますので、口内炎や口角炎など、粘膜の炎症が起きやすくなります。

 

また、葉酸というのは細胞分裂に大きく関係する為、欠乏する事で体内の細胞に異常をきたしてしまいます。

 

そのため、血液の成分である赤血球に変異が生じてしまい、酸素の運搬といった本来の役割が果たせないという悪性貧血に陥ります。

 

詳しく説明すると、赤血球が変異して、異常な大きさになり、酸素を運搬するという本来の役割が出来ないというわけです。

 

これを巨赤芽球性貧血といいます。

 

細胞に異常をきたすわけですので、赤血球のように単細胞で1つの役割を果たすものは、たちまち体内に悪い影響を及ぼしてしまうわけです。

 

他にも肌細胞や粘膜を形成する細胞にも異常をきたしてしまい、特に怪我をしているわけでもないのに、炎症がおきたり、出血がおこりやすくなります。

 

更に、歯周病の原因にもなる訳です。

 

そして、妊娠中の葉酸不足は胎児の異常を招くリスクが高まります。

 

先天異常を引き起こし、脊髄が二つに分かれてしまったり、奇形児が出来たりするということとなります。

 

また、早産や流産のリスクも高まりますので、不足しないように普段の食生活には十分に留意が必要となります。

 

葉酸は食事からでしか摂取が出来ませんので、野菜や果物は積極的に摂るようにしましょう。

 

なかなか野菜や果物が取れないという人は、サプリメントを補助的に取り入れるというのも有効な手段であります。

 

葉酸を過剰摂取したらどうなるのか

葉酸をもし過剰摂取した場合ですが、基本的に葉酸は水溶性ビタミンですので、体外へ尿として排出されます。

 

水溶性ビタミンは葉酸に限らず、他のビタミンCなども同じように余分なものは体外へ出されます。

 

そのため、過剰摂取はあまり心配しなくてもいいとされています。

 

しかしながら、これは野菜や果物等、自然に食品の中に含まれた葉酸を摂取した場合であります。

 

最近ではサプリメントを取り入れる方が増えてきています。

 

このサプリメントは化学的に作られます。

 

天然由来のものも当然含まれていますが、この天然素材のものをもとに、化学的に量産するというわけです。

 

そのため、サプリメントの摂取状況によっては、過剰摂取を引き起こす危険が潜んでいるわけです。

 

主に過剰摂取で出てくる症状は、発熱、かゆみやじんましんとなります。

 

葉酸不足は肌の炎症を引き起こすものですが、過剰に摂取しすぎても同じく肌の炎症を引き起こしてしまうのです。

 

葉酸は確かに適度に摂って、多少量が多すぎても体外へ排出はされます。

 

しかし、サプリメントで摂る場合は、一気に大量の葉酸が摂りこまれてしまうこととなり、体内の消化が追い付かず、一気に血液中や組織内に流れ込んでしまい、体が過剰摂取と判断してしまうのです。

 

サプリメントは錠剤状のものが多く、手軽に飲用は出来ますが、葉酸を摂らなければならないと定量を守らずに取り入れすぎてしまうと、かえって体調が悪くなりますので、普段の食事をメインで摂取をするように心掛けるようにしましょう。

 

何故葉酸が今注目されているのか

現在、葉酸という栄養素が注目を浴びているわけですが、その理由としてまず、妊活に必要な栄養素であるという事が挙げられます。

 

葉酸は細胞分裂に必要な栄養分です。

 

細胞分裂というのは、体を成長させる為に必要な現象です。

 

人間というのは最初受精卵という1つの細胞であり、これが細胞分裂を繰り返してくことで、体を形成する細胞の数が増え、人間の体として形成されていくのです。

 

そのため、正常に成長していくためには必要な栄養素となります。

 

また、生まれて、成長していく事に、脱皮ではありませんが、肌や粘膜、骨や筋肉など、あらゆる体内の組織を次から次へと新しい細胞に生まれ変わっていきます。

 

肌でいうとターンオーバーとも言いますし、体内であれば代謝機能とも言いますが、体を形成している細胞は永遠にその細胞を維持するのではなく、古くなった細胞は死んで、また新しい細胞が生まれ変わるというこの行為を一生繰り返していくのです。

 

そして、次に注目されている理由が、アンチエイジング効果が期待されるというものです。

 

細胞分裂を何度も繰り返しての現象が体内で一生繰り返されているわけですが、この繰り返しのサイクルが早ければ、それだけ老化を抑えていくこともできます。

 

いわば代謝機能が維持されている状態ですので、いつまでも若々しくいられるというわけなのです。

 

葉酸を取り入れている人達のほとんどがこの妊活とアンチエイジング対策と言っても過言ではありません。

 

葉酸サプリの必要性について

今、注目されているサプリメントの一種で葉酸サプリというものがあります。

 

葉酸サプリは別名妊活サプリとも称されます。

 

葉酸は妊娠する為には必要な栄養素であり、不足する事によって胎児に異常をきたすリスクが高まるからです。

 

葉酸は細胞が分裂して増えていくというこの体内で一生繰り広げられている現象に必要な成分となり、これが不足する事で、胎児への悪影響のみならず、老化を早めてしまったり、がん細胞が増えていってしまうという可能性も秘めているのです。

 

また、葉酸は野菜や果物に多く含まれておりますが、体内で生成する事が出来ない栄養素となります。

 

糖質や脂質、たんぱく質等は、体内でも生成させる事が出来ます。

 

特に脂質は糖質を取り込む事で、脂肪に変える事ができるのです。

 

ただ、葉酸は、他の栄養素が体内で変化し、葉酸になるという特質も持っておりませんし、つくり上げる事も出来ない為、唯一食事として体外から取り込む手段しかないという事になります。

 

バランス良い食生活を心掛けてさえおれば、葉酸不足で悩む事は無いのですが、現在の食生活といえば、コンビニや外食に頼る傾向が強く、野菜の摂取量が少なくなりがちです。

 

また、野菜が含まれていても、様々な食品添加物が含まれ、葉酸の働きを阻害することにもなりかねませんので、なるべく、自炊をしていき、野菜や果物不足に注意を払っていく必要があります。

 

それで足りない場合の補助食品として、はじめて葉酸サプリが役立つのです。